自宅を守りたいなら砂利を利用しよう|格安で買える

SECURITY

ジャリジャリ音で泥棒撃退

エクステリア

正しい敷設で効果倍増

戸建て住宅の防犯に便利なグッズと言えば「防犯玉砂利」です。昔から日本の住宅では、家をぐるりと取り囲むように軒下に玉砂利が敷き詰められていました。これは「水はけを良くする」などの理由で敷かれていましたが、近年は防犯目的で使用される事が増えています。防犯用の玉砂利は通常よりも粒が大きく、人が上を歩くとジャリジャリと大きな音を出します。庭や窓下、玄関回りなどに敷き詰めると効果を発揮出来るのです。防犯用と言っても見た目は普通の玉砂利と変わりません。形やカラーなどのバリエーションも豊富ですから、家の外観や庭の雰囲気に合わせて選ぶ事が出来るのです。ホームセンターや通信販売などでも販売されていますが、防犯用に家の周りに敷き詰める際には、大量に使用する必要があります。総重量もかなり重くなりますから、通信販売で購入する際には送料がいくらになるかも注意しましょう。せっかくの防犯玉砂利も、正しく敷設しなければ効果が発揮できません。ただ庭に敷くだけだと、踏まれる事により玉砂利がどんどん土に入り込んで埋もれてしまい、土が上に出て来てしまいます。そこで重要なのが正しい敷設方法です。まずは敷きたい場所の除草作業を行います。除草しないと雑草の成長に合わせ、防犯砂利が包み込まれ音がしなくなるので、必ず根こそぎ除草して下さい。その後は草が生えるのを防止する除草シートを敷設し、そこに防犯玉砂利を敷き詰めます。この時に注意するのが玉砂利の量です。少なすぎるとだんだん端の方へと流れてしまいますので、3cm〜5cmの深さで玉砂利を敷き詰めるようにして下さい。