自宅を守りたいなら砂利を利用しよう|格安で買える

SECURITY

防犯に期待が持てます

模型

施工しやすいのも利点です

防犯砂利は、防犯を目的とした砂利のことで、ガラスを高温で溶解し、発泡させて固めた軽石状のものが多く、見た目より軽いのが特徴です。軽石のように中に無数の空洞があるため、石と石が擦れた際に高周波の耳が痛くなるような音が出ます。そのため、自宅の周りにぐるっと敷きつめておけば、上を歩いた時に音を発するため防犯効果が高いのです。普通の砂利より軽く、手軽に敷くことができるのも、防犯砂利が人気を博している理由の一つです。自宅の中でも、特に泥棒に狙われそうな窓や勝手口などへの通路に部分的に防犯砂利を敷くこともできます。また、防犯砂利という名前で販売されている商品は数多くあり、様々な大きさ・色などから、自宅の雰囲気に合ったものを選ぶことができるのも人気です。洋風の家なら、レンガチップの様な雰囲気の防犯砂利や、白っぽい玉砂利の様な雰囲気の防犯砂利もありますし、和風の家なら、黒っぽい玉砂利の様なものもあるため、家の景観を損なうことなく防犯対策が可能です。その他にも、グリーンやブルー、レッドなどのカラフルな防犯砂利も、殺風景な勝手口回りなどに明るさをもたらします。砂利を敷く前に、敷く場所に施しておきたいのが、防草シートです。一度砂利を敷いてしまうと、それを取り除いてから防草シートを張るというのはとても手間がかかります。まずは、敷く場所を決めたら、雑草を取り除き、地面を平らに整地し、防草シートを張ってから、最後に防犯砂利を流しいれます。防草シートを張らずに砂利を敷いても、すぐに砂利の間から雑草が顔を出すため、最初に張っておくのがポイントです。