自宅を守りたいなら砂利を利用しよう|格安で買える

SECURITY

音で撃退しています

玉砂利

敷き詰めるだけでOKです

最近テレビなどで話題の防犯対策として防犯砂利を敷き詰める方法があります。庭に玉砂利を敷き詰める要領で踏むと音のする砂利を敷き詰めます。泥棒が侵入してくる際にはゆっくりと踏みながら歩いてきますので通常の玉砂利ですとほとんど音を立てずに歩くことができます。しかし、防犯用の音がする玉砂利の上ではどんなに慎重にゆっくりと歩みを進めても踏むだけで音がでてしまいます。人間の生活音量は40〜50dbと言われていますが、防犯玉砂利の上を歩くと生活音量をはるかに上回る70〜80dbの大きな音が出てしまいます。泥棒は音が出るのを嫌いますので、ゆっくり慎重に歩みを進めても大きな音が出てしまうのは泥棒撃退に繋がります。雑草も生えにくくなりますし、カラーも白、グレー、茶色など選べるので美観に合わせて選ぶことができます。敷き詰める面積にもよりますが、一般的な戸建ての周りであれは3〜5袋あれば敷き詰めることができます。また防犯玉砂利は構造上軽いので力の弱い方や腰の弱い方でも簡単に扱うことができます。全体に敷き詰めるのも有効ですが、お風呂場の下や入りやすそうな窓の下など一部分だけに敷くとうっかり踏んだ不審者は音に驚いて逃げてしまいます。既に玉砂利が施してあるお庭でしたら、一部分のみに敷き詰めるのも有効な撃退方法となります。また防犯玉砂利の上には脚立などが立てにくいため二階への侵入を防止したい場所にも有効となります。